価格と資産価値

タワーマンションと新築一戸建ての価格と資産価値

価格と資産価値 一般的に不動産は中古物件になると資産価値が2割ほど落ちると言われています。
一戸建てであれば価値、価格の下落はなおさら大きく、10年以上たつと建物の価値は半分以上なくなってしまったり、かえって売るのに邪魔になるような状況になってしまう事もあります。
タワーマンションの利点はなにより、このような資産価値の下落があまりないという事です。
タワーマンションは一戸建てでは到底かなわないような素晴らしい立地に存在することがほとんどです。
利便性に優れ、自分で住まなくなっても賃貸にすればすぐに借り手が付く、というような環境にあります。
購入時を上回る価格で販売する事も可能であったり、賃貸に出せばローン金額以上の家賃収入が得られる事もあります。
立地の良さは永遠に失われることのない資産価値ですから、転勤の可能性があったり、将来地元に帰る人などは、新築一戸建てで郊外に家を建てるよりも、便利なタワーマンションを購入する方が将来的に安心できるでしょう。

タワーマンションと新築一戸建ての子育てについて

高齢者に適しているのは 子育てをするにあたってタワーマンションなどで誰もが気になるのが、足音などの騒音で階下へ迷惑をかけるといった騒音トラブルです。
集合住宅ではのびのび子育てができなくなるのでは、と心配するものですが、タワーマンションの防音設備は普通のマンションに比べてはるかに性能が高く、優れています。
両隣だけでなく、上下への騒音も、防音のカーペットを敷くなどの日常生活に支障のない程度の工夫をすれば安心して普通に過ごすことが出来ます。
新築一戸建てであれば庭付きで他人を気にせず過ごすことが出来ると思いがちですが、自治会の加入が必要であったり、公園が近くになかったりすると遊ばせる場所に気をつけなくてはいけなかったりするものです。
タワーマンションにはキッズルームが完備されているところも多く、そういう場には住人以外が入る心配がないので安心です。
また、似たような子育て世代が多く住んでいて、お友達を作りやすいという利点もあります。