価格と資産価値

タワーマンションのゴミ処理

タワーマンションのゴミ処理 タワーマンションを購入しようか、新築一戸建てを購入しようかと悩む方は入居後の生活について考えることで、どちらの方がライフスタイルに合っているかわかります。
たとえば高級マンションと一戸建てのゴミ処理について考えてみます。
まずタワーマンションに完備されていることが多いのはディスポーザーです。
これは魚の骨やエビの殻、ジャガイモの皮などといった毎日の生活の中で排出される生ゴミを排水口から流せるシステムです。
排水口には丈夫なカッターが付いており、流したゴミはカッターで粉砕されて下水道に流れるシステムです。
これにより生ゴミをすぐに処理できるのでゴキブリやハエなどの害虫の発生を抑えることができる上に、臭いの害も気にならなくなり室内空間を快適で衛生的にすることができます。
またゴミの量を減らすことができるのも嬉しいポイントです。
一戸建ての場合にはこうしたゴミも回収日まですべて保管しておかなければなりませんし、ゴミの量もなかなか減らせません。
ゴミに関しては一戸建てとタワーマンションではこのような違いがあるのです。

タワーマンションと新築一戸建ての生活サポートの違い

タワーマンションと新築一戸建ての生活サポートの違い タワーマンションを選ぶか、新築一戸建てを購入するかで悩む方に参考にしていただきたいのが入居後の生活サポートです。
タワーマンションなどの高級マンションにはエントランスのホールにコンシェルジュという担当者がいることがあり、このコンシェルジュは毎日の暮らしのさまざまなサポートをしてくれます。
衣類のクリーニングを出すのを依頼したり、ハウスクリーニングを依頼することもできますし、留守のときに宅配便が来たものを代わりに受け取ってくれたりするのがこのコンシェルジュのサポートです。
常に人がいるという安心感は大きなものです。
また高級マンションではセキュリティシステムが完備されており、防犯カメラ、エントランスのオートロックだけでなく、窓やドアをセンサーで24時間監視するシステムなどを導入しているところもあります。
タワーマンションで当たり前のように享受できるこうしたサービスも一戸建ての場合は家主が自分で手配しなければなりませんので入居後の生活をより快適にしてくれるのはタワーマンションと言えるでしょう。